ブラックジャックトランプで使うことができるアクションを覚えておこう

ブラックジャックトランプにおいては、基本的に3種類のアクションがありますが、それ以外にも一定の条件が整った時だけに使えるアクションが存在しています。

いくつかのアクションがあるため、それらを知っておくことで、万が一の際には上手に活用していくことができるでしょう。

そのアクションの1つにインシュランスと呼ばれるものがあります。

インシュランスとは保険を意味しているものであり、ディーラーの最初の表向きに出される手札が影でブラックジャックになる可能性が高い場合に、ベット額の半分を追加で支払うことにより保険をかけることができるものです。

万が一ディーラーがブラックジャックになった場合には、インシュランス分の額の3倍が払い戻しされるのです。インシュランスを使うことにより、最初の賭け金は没収になってしまうのですが、ディーラーがブラックジャックになるとインシュランスの3倍配当と差し引きでプラスマイナス0にすることができます。

相手がブラックジャックでなければ、インシュランスにかけていた保険金は募集となってしまうのです。

頻繁に使うのではなく後、ここで大きな損をすることはできないと言った場合に使うことが望ましいです。

そしてもう一つがスプリットと呼ばれるものです。これは最初に配られた2枚のカードが同じだった時に手札を2組に分けられるものです。

2組に分けてそれぞれ別々にゲームを進行することができるのです。

数値の高いカードが2枚ずつ来たときにはスプリットをすると特に有効と言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。